草間弥生展

カテゴリの '作品' をクイックしていただくと作品が見れます




2012/3/23
朝 目覚めると雨

今日は美術館に行こうと決めた・・・すいてるだろうから

まずは 天王寺公園にある 大阪市立美術で 関西水彩画展を見ました


天王寺 大阪市立美術館
IMG_0114_convert_20120324001526.jpg
ここだけの話・・・橋本市長さんは文化には関心ないらしくて 
その関係は あちこちで 結構えらい目にあっているそうです
ここも いろいろ大変とか・・・


そのあと



お友達の やっちゃんが よかったよ~!ってメールくれてたんです

でも 草間彌生の作品は点々しか知らなくて 

でも ネットで見たら「愛はとこしえ」シリーズが なんかおもしろそう と 思い 

それを見よう!!と中之島にある国立国際美術館に出かけました 

IMG_0131_convert_20120324000353.jpg





このモニュメントが美術館です
IMG_0125_convert_20120323235635.jpg





入口前に立ち並ぶ   はい! 点々!
IMG_0126_convert_20120323235809.jpg





美術館入っても点々だらけ
IMG_0134_convert_20120324000022.jpg




白点に落書きが・・・彌生さんの落書き?・・・あっ・・・失礼 作品
IMG_0128_convert_20120324000222.jpg






写真を撮ってよい部屋です  「チューリップに愛を込めて、永遠に祈る」
IMG_0136_convert_20120324000639.jpg



IMG_0137_convert_20120324000728.jpg
いやあ これ撮るの大変だったんです・・・






だって・・・
IMG_0139_convert_20120324000835.jpg




IMG_0140_convert_20120324004556.jpg
こんなに 人がいたんです ^_^;





そして みなさまご存じ!! 点々かぼちゃ!!
IMG_0142_convert_20120324004949.jpg
赤いコートとのコントラストがいいでしょ?! 彼女 外人さんです !(^^)!



写真で撮ってよいものは 点々ばかりでした
でも 最新作品は点々ではありません
それが 良かったんですよね~

新しい作品「愛はとこしえ」とか「わが永遠の魂」は
美術館のサイトでチラッと見れます
コチラ


草間彌生さん ただ今83歳
すさまじい 勢いで 今も作品を作り続けておられます
年間S100程の作品を100点近く
そんなペースです

その様子も映像で観れます

いやあ すごい!! 本当に感動しました

エネルギー いただきました (^O^)/






ポチッと お願いします
↓↓↓↓


拍手もよろしくです
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいね~~ 大阪の美術館 カッコいい~~
青森とは 大違いだね~~~
都会に居ると 美術館も いっぱい あって
本物を見れる機会も たくさんあって・・
美術に興味のある人も いっぱいいて
お客様が いっぱい・・・

こんな 本州のはずれにある 田舎にいるyorikoにとって
kukkoさんは 本当に 刺激的です

やさしいですよね・・・
yorikoが ダイエットを 始めたら すぐに 動画を
送ってくれて ヒーヒーいいながら 頑張って運動したり

今日はこうして 滅多に見ることの出来ない 美術館を
見せてくれて 本当に 楽しかったです。

また なにか あったら 見せてくださいね
こんな 日本の はじっこに いると どこに行くのも
時間と お金がかかって なかなか いけません。

kukkoさん きょうも ありがとう!
カボチャのとなりに 立っているの てっきりkukkoさんかと
思いましたよ
なんとなく yorikoのイメージと 似ていたから・・
おしゃれで おもしろくて 行動的で 元気で やさしい・・
そんな 感じ・・・

>yorikoさま

いやあ  よく言い過ぎですよ~ 

赤いコートの隣 私はどちらかというと カボチャです  キャハ!


最近は地方に素敵な美術館が けっこう できているみたいですよね

先日テレビで青森県だったと思います 

ある美術館紹介していました

現代アートの美術館で 素敵でした

奈良美智さんの でっかい犬のオブジェ 雪をかぶっていました

なんか感動しました

でも 八戸からは やっぱり遠いですよね・・・




 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

僕みたいな凡人にとって、こういう作品の凄さ、素晴らしさが理解できない。
作者が想像し形にする世界って、共感を獲る者だけが絶賛しあうだけで、すべての人間が感動を与えるような作品作りって、相当難しいんだろうな~と思う。
特に、クッコのやってる世界って、相当難しい世界だよね。

その点、考古学ってのは、文化を知る上で興味がわく。
その辺の違いかな??

やはり、興味を持つ事が、一番その作品を輝かせるものだろうね。
今頃気づくな!って言われそうだけど、
どうも、草間さんの作品は理解不能。

実は、ツタンカーメン展に是非行きたい!今日このごろ・・・。

>しんちゃん

ツタンカーメン 私 幼稚園の時行きました
「やだ やだ ミイラ見るのこわい」と言いながら
親に連れられて行きました
でも すごくきれいだったの覚えてます

近所では正倉院展 毎年やってます

確かに おもしろいよねえ~
私も好きです
一つの物にも 何に使ったのか 誰が使ったのか どうやって作ったのか 技術 文化・・・様々なバックヤードがあるものね


それと 絵画を比べられても・・・って感じです
まっ 私が書道が分からないのですから
それと 同じようなものですね  ^_^;

絵は まずは好き嫌いで見てくれたらいいんですけど
それ以上に何かがあって、それを理解しないと分からないと思ってる人が多いみたい
確かに 作り手は勉強しなきゃいけないけど
観る人は自由です
もし 自分のバイクにこの絵を貼り付けたらかっこいいかな
なんて見方だってOKなんだし(^_^)v

気楽に楽しんでほしいなって思います

クリックしてね♪
人気ブログランキングへ
プロフィール

kukko

Author:kukko
和歌山生まれ、大阪育ち、奈良県在住 
一応女
大阪デザイナー学院 修了
増本色彩造形研究所 修了
現在 日本美術家連盟会員 新世紀美術協会会員

団体展出品 コンテスト出品 個展活動をしています  
絵画販売、プロダクツ販売、個人的に絵の依頼も受けています

 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR