Article

        

おばあちゃん

2012/ 02/ 12
未分類other
                 
カテゴリの '作品' をクイックしていただくと作品が見れます

2012/2/12
今日は 祖母の四十九日でした


昨年末29日の深夜 正確には30日午前1時30分に亡くなりました
30日お通夜 31日お葬式でした
31日全て終えて、ほとんど車のない高速道路を一人走りながら、
「そっか、今日は大晦日だった」・・・「紅白はじまってるなあ」って
突然 日常に引き戻されたのを覚えています 
 


祖母は102歳でした
いつも、笑って 「おおきに おおきに」と 言っていました
亡くなるひと月前まで自分で歩いてデイサービスに行っていました

明治・大正・昭和・平成と生きた祖母 
本当にめでたし めでたしの大往生です



そうそう 仏教では四十九日ですが、神道でも五十日祭というそうです
亡くなった方の魂が いよいよ あの世に還っていく日です


仏教でも神道でも似たような日にちでその方とのお別れをする

昔の人は 本当に魂のあり方を知っていたのではないでしょうか


たとえば 「お通夜」というシキタリでも 残された者がお別れをするための時間 

だけではなく

魂が抜けるために必要な時間なのではないだろうかと思ったりします


そんな風に考える私です
当然 おばあちゃんに話しかけてしまう一日でした

おばあちゃん、あっちに行っても いつものように明るく元気でね

みまもっていてね!!




ポチッと お願いします
↓↓↓↓





スポンサーサイト
                         
                                  

コメント