ワークショップのお手伝いに行きました

ここをクリックしていただくと、作品掲載の記事に飛びます





2013/8/10


大坂夫妻が主催する

ハンディキャップを持つ子供とお友達の

工作ワークショップの

お手伝いに行きました


img20130810_215005.jpg



大坂夫妻は 

ダウン症や 自閉症、多動性障害などの発達障害、

その他 様々な障害を持つお子様と創作する

そんな教室を長くされています

そしてアートを通して 生きる力を養うことを

目指しておられます

だから、どんなお子様でも受け入れされます



すごいな と 思っていました

だから ちょっとでも お手伝いさせていただこうと参加しました

何かを学べるかも とも思いました


そして 今回 一つ理解できたのは

「だただた 受け入れること」でした






今回は マリオネット(操り人形)作りです

我が道を行く子  元気な子  こだわりの子・・・

一緒に 過ごす時間は 宝物です


img20130810_215035.jpg





img20130810_215105.jpg





img20130810_215130.jpg





そして 作品は こちら (^-^)



20130810_152838_resize_20130810_215237.jpg



20130810_152944_resize_20130810_215234.jpg



20130810_152932_resize_20130810_215234.jpg



20130810_152906_resize_20130810_215235.jpg



20130810_152859_resize_20130810_215236.jpg



定員以上の参加 

時間差攻撃のようにやって来ます

大人たちは てんやわんやでしたが

いい作品ができて 幸せでした




明日は もっとたくさんの参加予定だとか・・・

頑張ってくださ~い!!!












ポチッと お願いします
↓↓↓↓


拍手もよろしくです
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいねぇ!実に面白い!!

どれも本当にいい作品だし、子供さんの表情が実にいい^^v

子供に勝る芸術家は、いない!!と常々思ってます。
幼稚園の子が描いた絵なんて、実に面白いし ヽ(`Д´)ノ バクハチュダァー!!

このような時間って、本当に宝物ですよね!!羨ましいです。



もし、自分も参加して作ったら・・・ひもが妙に絡んで

夜中のマリオネットに・・・ スンマセン(・ 人<)<西成ジョーク ッス!!


.

No title

お疲れ様です。。。

可愛い作品ばかりですね~

ストレートに、純粋な心が表現されている気がします!

輝きを感じます!

吾が心も、童心に帰りましたよ~。。。(笑)

人の心の支えになるって、素晴らしい事ですよね~!

私も、楽しさは、育てるものだと思いますな~

吾が父親も、そうでしたが、

子供と親が、共に遊ぶ事で、

少なくとも、心は伝えられるように思います!

>とらのすけさん

バクハチュダー、、、(笑)

ほんと、爆発してる子 いました!!

d=(^o^)=b

>Yoshiさん

楽しさは、育てるもの。なるほど~♪

確かに、子供たちは 大人と一緒に何かするの大好きですね。

お手伝いでも、お母さんと一緒にするのは嬉しいけど、仕事分担されると、途端にいやになっちゃいます。

子供の頃の気持ち 思い出しながら、子供教室も 少しづつ 前進です。(^^)v

No title

何事にも参加されるkukkoさんは素敵です。

私は今まではこういうお子さんは一寸敬遠してました。

敬遠してたというか、どのように向きあったら良いのか

分からなかったと言う方が当たってるかも知れません。

純真無垢なお子さんばかりなのでしょう。

少し勉強させていただきます。 

>T,Tおじさま

身近にいなければ、正直、そうだと思います。私の場合、従兄が小児麻痺だったり、友達の子供がダウン症だったり、最近、自閉症気味のお子さんのお世話をしたり、、それで、普通にお手伝いに行けたのかなと、思います。でも、上手に相手ができるわけではないです。一回づつが、まるで、心の修行のようです。ても、楽しいです。

↑ >T,Tおじさまを読んで・・・

なるほど・・・

kukkoさんの優しさ、強さ、明るさは、そこからきてるんですね!?

「障害者」、「ハンディキャップ」 そんな言葉がなくなれば・・・

なんて、よく思います・・・・・。




言うのは簡単ですが・・・・正直、kukkoさんを尊敬します。



これからも、もっと、もっと楽しんで下さい^^


.

No title

kukkoさん お疲れ様~~
本等に いろんなことに挑戦しますね

なんか 障害を持っている方に教えるのは
最初は 大変だと 思ったけど 
私の生徒は 描けないとか 出来ないという
ことを いいません

今日は こんなこと やってみよう と
提案すると 一生懸命集中して 頑張ります

それをみて 励まされたり
出来上がった作品を見ては 感動したり・・・

個性的な 芸術作品が できあがると
感動しちゃいますね

kukkoさんの 指導された 生徒さんも
楽しんで作っている感じが 伝わってきます
作品も すばらしいです!!

>とらのすけさん

わっわっ   どうしましょ (汗)
主催されてる 大坂夫妻が ほんと すごいんです
私は今回 初めて お手伝いに ちょっと 参加しただけなんです

でも こうして ブログに書かせていただいて 
読んでくださった方々に 少しでも意識を持ってもらえたら
それはそれで お役に立てるかなと、思いました




>yorikoさま

yorikoさん 大先輩ですね
近くにいたら いろいろ お話伺いたいです
作ることの楽しさ、創造の喜びって 人間の本質なんだなって思います

これからも少しづつでも 関わっていきたいと 思っています

No title

やっぱり kukkoさんとは 感性が似ているような
気がします
kukkoさんは 「創造は 喜び」と言ってます

yorikoは 教室展のテーマのほかに
副題としていつも 「~表現は よろこび~」 と
入れてました

あの子達の 生き生きと 輝いた目を見ると
自然に 「表現は 喜び」なんだな~と
思えたからです

いつもは 主役になる事が 少ない彼女達に
教室展は 主役としての場を提供したいので

御家族の皆様や 入館してくださった 方々の
前で 彼女達の作品を 褒めて 褒めて

褒めすぎて 感極まって涙が 出るというのが
教室展の パターンですね・・・

これまでの 生立ちや いろんな話を
聞いているからでしょうか いかに 彼女達が
すばらしい お嬢さんかを 伝えたくて・・・

>yorikoさま

本当に そうですよね。

創作している姿は ハンディキャップのある子もない子も同じです。

一生懸命作っています。

障害を持って生まれる子供は 周囲に愛を教えるために自らを犠牲にしている と聞いたことがあります。

それは 真実かどうか わかりませんが、
いつの間にか私はそういう目で見るようになっていて、

とても尊い姿におもえるのです。

でも、日常では 忘れています。
自分から 触れに行かなければ 自分には関係のないことで終わっています。

だから、今回、大坂さんが 声を掛けてくださったことに感謝して
参加させてもらいました。

いつも 子供と触れているyorikoさんは 子供たちに愛をいっぱい 引き出してもらってるんですね (*^^*)

クリックしてね♪
人気ブログランキングへ
プロフィール

kukko

Author:kukko
和歌山生まれ、大阪育ち、奈良県在住 
一応女
大阪デザイナー学院 修了
増本色彩造形研究所 修了
現在 日本美術家連盟会員 新世紀美術協会会員

団体展出品 コンテスト出品 個展活動をしています  
絵画販売、プロダクツ販売、個人的に絵の依頼も受けています

 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR